新しい感覚

感覚?いやどうだろうと。
まず、私は公益社団法人 日本外国特派員協会(通称「外国人記者クラブ」や「外人記者クラブ」またはForeign Correspondents’ Club of Japan — FCCJ)の委員長を2つ手弁当でやっています。
「やっている」というのは、ボランティアだからです。
そもそもこれはボランティアの領域を超えている仕事内容。
それは私だけではなく、取締役会も同様です。

さて、今日、(すでに昨日ですが)朝の9時半からミーティング。
ここで記者会見をなさりたいという友人の知り合いがおり、指南役として話を伺うことにしました。
これは会誌に載っているので掲載しても大丈夫なので投稿いたします(笑)

まず、これだけの委員会があり、私はAssociate Members Liaison CommitteeとInformation Technology委員会の委員長を仰せつかっております。
まず最初のAssociate Members Liaison Committee(AMLC)ですが、こちらは1600名+の準会員をまとめて、正会員であるジャーナリスト(引退含む)との協議をする連絡委員会で、とっても大切な委員会です。

次にIT委員会ですが、こちらは記者クラブ内のシステムやソーシャルメディア戦略、ネット配信やビデオ撮影などを構築していくところです。言うまでもなく、ここも重要な役割をもっています。

さて、本日訪れた知人と名刺交換したところで、これから必要となる新資源でもあるバイオマスを使った発電や環境管理をする会社で、日本のエコシステムがあまりにも内向き且つ保守的で自分の利益のみを優先し、社会利益を無視しているとのことでここ、FCCJ の力にて外圧を掛けて意識を高くしてもらおうと。

ここで新しい感覚というのは何か?

今まで、私のところで「記者会見を開きたいので紹介してくれ」と相談に来られた方々は数多くいますが、会員になってここから発信していきたいと言って頂いたかたは初めてです。
何が必要かというと、入会金、保証金もあったかな、月会費と諸経費などですが、記者会見を正式に出来た場合は一年間名誉会員になれて、FCCJを活用することが出来ます。
その際、もちろん発生した費用(飲食代、会議室利用費、イベント参加費など)は発生し、月末に請求書が発生し、翌月末まで支払わねばなりません。

ほとんどの方々がロハで難しいハードルを乗り越えようと。
それはそれで問題はありません。しかしProfessional Activity Committeeと呼ばれる報道委員会があまりにも自分たちの偏見でしか判断しない傾向が昔からあり、時の人でない限り許可がおりません。
これがここの会員になっても同様です。

ちなみにここの会員は大雑把に2種類あります。
先述の「正会員」と「準会員」です。
その「準会員」の中にも「業務上ジャーナリスト」の人たちと「そうでない一般人(私みたいな)」がおります。
「正会員」は外国人ジャーナリストまたは日本のメディアから派遣で海外で5年間活躍されてきたジャーナリスト(例えばXX新聞モスクワ支局長など)が正会員資格を得ることができます。
外国人ジャーナリストも様々で、日本に派遣されてきている人もいればフリーランスの人たちもおります。逆に、本当に正規のジャーナリスト?って思う人たちも存在しており、私としては・・・これはMembership(会員)委員会が考えればよいとのことです。

ここで今回、知り合いになった方々が、内側から発信して行こうと。
更にFCCJという外圧を使って情報を発信していこうと。
良い試みだと感じております。
FCCJはプライベートクラブなので誰でも入れるわけではありません。
ここでイベントを開くにもランチをするにも、誰か会員と一緒にでなければ入れません。つまり、「公益」ではありますが「公衆」ではありません。

イベントを開催することで、人をお招きすることが可能になります。
その都度、ご興味あるお方たちにお声がけをすることも可能になります。
そのように活動をされることで会も潤うのと、多くの人たちに本当のここの記者クラブの意味を知ってもらうことが可能になります。

ちなみに、私はその他、設備を管理するHouse & Property委員会にも所属しているのと、毎月展示者を変更するExhibition展示委員会にも人を紹介しております。
FCCJにご興味あるお方がいらっしゃればご相談(有料)で賜ります。

生前契約っていつごろから?

私が管理する更に別のサイトがあります。やはり葬儀のことになります。
生まれてからずっと葬儀屋の家庭に育ったのと自分も5代目の葬儀社の社長でもあったので、板についているのでしょうね(笑)

こちらのサイト、「ゆいごん.みんな」です。
争族をなくすために私が経験した内容や考えさせられるポイントを紹介しています。

あちらからコピペします

生前契約という言葉はいつから出来たのだろうか?
もともとはアメリカが発祥の地だと言われています。
アメリカではすべてが契約の社会であるからです。

余談を言えば、姉もアメリカ人と結婚して離婚の場合、財産分与をどうするかとか契約で行っていました(実際、それがきちんと通るか否かは別問題だが)。

生前と契約、死後と契約は扱いが違う

画像3

死んだら契約が無効になる
何かあったゆえに誰が支払うのかなどもあり、死んだ者が勝つという悪法もあるが今ではそうまかり通らない。それゆえに保証人制度がある。

実際、亡くなったら生前中に交わしていた契約が死後のことを記述なければその場で契約は消滅することもある。

だからこそ、今では「死後事務委任契約」というのがあり、死んだらどうして欲しいかという契約がある。

さて、生前に契約というのは、米国では先払いもある。

しかし、米国の場合、複雑な事情もある。
つまり、葬儀社は車の運転免許と同じに有効期限があるので、州によって期間は変わるが「免許」なので更新が必要である。
日本の葬儀社にはそれが存在しない。
そもそも葬儀は会社が出すものではなく、村(周囲)で出すものであったからだ。

さらに米国では葬儀社とエンバーマーも違う資格である。
日本のエンバーマーは米国で資格を取ってきた人たちである。
日本でもエンバーマー養成学校はあるがまだ立ち上がったばかりである。

米国の葬儀業界のNFDAから検索したら色々と出てきたのでMA州を例に紹介します。マサチューセッツ州で言えば毎年の更新が必要であり、資格によって費用も変わることがわかります。

https://licensing.reg.state.ma.us/public/dpl_fees/dpl_fees_results.asp?board_code=EM

葬儀社に務めることで「アシスタント」としても登録が必要で費用が発生する。

次に日本ではというと、ある意味、互助会システムがそれに近い。
先払いで祭壇を契約した。

単なる積立金の契約ではなく、葬儀はこの仕組(祭壇や棺–ハード)でという形での契約が多かった。ここがまた物議を醸したことはいうまでもないです。

いつくるかわからない役務に対する割賦販売法の落とし穴ありました。
30年後に同じ金額でできるかと言われたら、それをやらねばならない。

経産省(当時の通産省)の先見の眼のなさとその場しのぎだった。

生前契約=支払いということもはないので注意していただきたいです。

つぎに契約をするのが本人なのか、家族なのかで変わります。
だからこそ、保険会社が色々と葬儀保健を提供してきたのも伺えます。

では、「家族」の定義はなにか?
これがまた難しい。

昨今、テレビで流行った契約家族的な(綾瀬はるかさん主演の18年のTBS系「義母と娘のブルース」)ことが起こりうることを想定していない。

画像2

この画像は公式サイト http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/ より

先ほど書いた、米国での契約も似ているが、これが最先端に近いのではと。

その中で「契約家族」という言葉をGoogle検索したら一番トップにでてきたのが「りすシステム」だった。

スクリーンショット 2020-01-09 08.41.25

松島如戎先生は私の知り合いで、同じ日本葬送文化学会に所属している巣鴨の功徳院すがも平和霊苑の住職である。

「家族」という形態が変わろうとしている中、未だに日本は男女だのXとYの染色体だの、内縁関係は否定だの悪法・悪税とも言える相続税を複雑化して押し付ける。
これだと終活も生前契約も難しくなる。
ここからが知恵の出しようになります。
家族、資産、相続、税金、お墓のことを考えますと軽々しく死ねなくではなく、死なせてくれない時代が更に強くなりそうです。

Ai普及センターをご存じですか?

私が管理するサイトの一つ、jfuneral.comという葬儀のビジネスを考える会のサイトがあります。当初は葬祭業に関わる人たちを片っ端から紹介していこうかという莫大な野望?があったのですが、身体一つなのであまり活動が出来ずにいました。(笑)

さて、だいぶ前に出くわして、スッカリ忘れていたことをきちんと書くことにしました。その一つが「Ai普及センター」です。

あちらからコピペいたします(笑)

昨今、Aiと言えば、AI(人工知能)を意味しますがAIの略はたくさんあります。
その業界に携わる人の認識にてかなり違います。
デザイナーならAdobe Illustrator!
Air India(インド航空)ってのもあります。
Army Intelligence(陸軍諜報部)なんてものを。
さて、葬儀業界でAi(iは小文字)はなんでしょうか?

Autopsy Imaging です。
そういう言葉があるというのがあるのを知っていますか?

これは日本語で言えば「死亡時画像診断」のことである
CTやMRI等の画像診断装置を用いて遺体を検査し、死因究明する検査方法。

解剖せずに外見ではわかりづらい死因を究明するのに利用しています

児童虐待見逃すな!小児センターで広がる「Ai検査」古い暴行痕や隠れた死因解明

遺体を損壊する必要がないが、万全ではない。

まして、解剖したほうが費用が安くあがるのと早いこともある。
そして、装置以外に放射線技師を入れる必要があり、コストがかさむ。

Wikiに書かれている「オートプシー・イメージング」はこちらです

現在の国内でCT及びMRIの普及率を調査する必要がある

2005年時点での日本国内のCT普及率は人口100万人あたり92.6台、MRIは35.3台と国際的な平均値の6 – 7倍と格段に多い数値(OECD調べ)であり、環境そのものは十二分に整備されている。

2005年の情報は上記、Wikiにかかれていて、日本はかなり普及しているとのことです。
更に、検案や解剖が必要な数はどれくらいあるのでしょうか?
実は、監察医が少ないため、どこで見た数字かは憶えがないのですが、15%程度だと。
信憑性あるなしに関わらず、問題は死因がつかめないだけではなく、監察医が少ないことです。
更に監察医も警察も忙しいので警察が提示した状況が証言となり、そのまま事件性があってもなく死亡検案書などが発行されてしまうこともあります。

この間違った内容で裁判になったところは私の記憶の中でも2件あります。
しかも業界では有名な話なので、個人やご家族を特定できてしまうので割合します。

一般社団法人 Ai情報センター及び学会が存在しますのでご参考になさってください。

画像1

写真はフリー素材(デザインCD「Senior Life」より)

はじめのノート

こんにちは。
2020/01/06、これがはじめのノートです。
以前は medium.com というところを利用してきましたが、色々使いづらかったのですが、wordpressからプラグインを利用して直接mediumに送れることができたので、そこは買っていました。

しかし、周りを見ていたらどんどんこちら(ノート)のシステムに移動している人たちを見かけたのと、気付いたら自分のアカウントが前触れもなく削除?されていたのでした。自分で削除した記憶がないんです!
実際、元データはwordpressに記録していたら問題はなかったので(笑)

自己紹介から

和田裕助(わだゆうすけ)と申します
同姓同名ではありませんが、友人で和田裕介さんがいます(笑)
彼が本家ユウスケベで私のほうがずっと年上なので元祖ユウスケべという形で互いを認めあっています ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

私は実家が湘南の葬儀屋、それも私の代で5代目です。
たぶん、その前から何かそういう仕事や公職だったのでしょう。
なぜなら、じいさまの代で税務署が我が家に入り、寺とかで過去帳を6代さかのぼり、とある神社が土地をうちが世襲していると判明。
税務署が固定資産税5年分と延滞税を支払えと言ってきました!
もちろん、そんな棚ぼたの話は受けませんでしたし、神社の土地をうちが相続していたとしても、神社から奪ったら神様にバチを与えられるので相続拒否含めて税金支払拒否しました。たぶん、神奈川県なので、うちらは和田義盛の末裔なんだろうなと。
ちなみに、もう一人のエロギーク和田ゆうすけべさんは鎌倉なので遠い親戚だと思います。

私は元エンジニアでして、実家を継いだのですが色々と家族関係で和田家の長兄でありながら嫌気さが指し、現在実家の葬儀関係はすべて手放し、自由にやっています。あと、動物占い(個性心理學)の支局長もやっているので、世界中の人に「諦める→あきらめる→明らかに認める」、「聖なる諦め」を紹介しに旅に出ています。

出身校がボストン大学工学部電気学科でもあり、元エンジニアなのは、30年前に某Mカメラというところでレーザプリンタやコピヤのエンジンやコントローラを開発していました。

もともと子供の頃から親に国外追放されてきた(あまりにも悪ガキだったので)海外へ行くのは羽が生えた馬のようにすぐ飛んでいきます。
ちなみに、私の動物占いキャラは「ペガサス」です。やはり日本は狭いから出ていってしまうんだなって(笑)

あと、日本外国特派員協会(通称外国人記者クラブ)というところの委員長を2つもやっております。
一つは準会員1600人と正会員(ジャーナリスト)との間を取る委員長ともう一つはIT委員会の委員長です。
よく丸の内二重橋ビルにいることが多く、記者会見なんかに参加したり、人を紹介したりしています。

スクリーンショット 2019-12-04 18.46.17

私はジャーナリストではないのですが、終活などもしており、手広く活動しているのであっちこっちに出没しています。
今、湘南に戻ってきてしまいました。昨年10月末までは東京スクエアガーデン内のWeWorkで仕事をしていましたが、環境が悪すぎて(1年契約だったので)契約が終了したので退去しました。現在、都内では外国人記者クラブを仮りのオフィスみたいにしています(ほぼ毎日呼び出されたことがありましたので)。
2020年にはまた都内へ戻ります。現在、ネットラジオ、映像、交流会ができる場所を探しています。

これからもよろしくお願いいたします。

PS: ヘッダー写真はロンドンブリッジからです。後ろに見えるのがタワーブリッジ。