遺留分はもらえる権利のこと

3月4日のポッドキャストについてです

「遺」はゆいごん
「留」はとどめる
「分」はわける

はい、遺言を止めて、再配分するということです

みなさん、遺言が絶対だと思っていらっしゃる方も少なくないです。
それは思い過ごしです。

法定相続分というのがあります

分け前はきちんと納得いくようにしていく必要がありますが、落とし穴もありますので。
これはまた別なときに。

財産の配分を考える

3月3日のポッドキャストについてです

遺言書が必要かどうかの簡単なチェックシート項目がありますのでご参考に

例えば、結婚してますか (YES/NO)
お子さんやお孫さんはいますか(YES/NO)
お子さんはお一人ですか(YES/NO))
財産を均等に分けますか(YES/NO)
誰か他に財産を分与したいですか(YES/NO)

などを通じてどれくらいで遺言書が必要かどうかです。

でも実際はみんな遺言があったほうが
混乱を回避できます!

うち、財産ないから、大丈夫!←こう言う家庭が一番厄介(笑)
更に仲がいいから、大丈夫←これも次に厄介
相続なんかないから←全く理解していない

終活を勧めるということは

3月2日にポッドキャストについてです

まず、終わりを考えることは今を考える必要があります
次にどう終わらせたいか

遺言を書くには相続を知る必要があります

だいぶ昔のことですが、IGON株式会社を妻と友人が設立しまして、「遺言ツアー」ってのを弁護士、司法書士、税理士、そして保険屋さんと組んで行いまして、それがテレビ局の目に止まり、取材が入りました。

しかも「たけしのニッポンのミカタ」という番組でした

人が亡くなったらどうなるのかというのと銀行や郵便局の預金口座はとか。
有名なのが赤塚不二夫さんの菊千代くんの郵便局での口座。
みんな多くの人がやっていました。