生命保険の税金

3月31日のポッドキャストです

やっと3月の終わりまで来ました(笑)
今日のお話は生命保険で、満期と死亡、どのような税金が掛かるか

マトリクスがあります

契約者が全て自分だとします
被保険者 が ① 自分、受取人が ① 自分、 事由が 満期、そして 税金は?
被保険者 が ① 自分、受取人が ② 妻、 事由が 満期/自分が死亡、税金は?
被保険者 が ② 妻、受取人が ② 妻、 事由が 自分が死亡、税金は?
被保険者 が ② 妻、受取人が ① 自分、 事由が 満期/妻が死亡、税金は?

被保険者というのは掛かっている人
受取人が自分か配偶者(妻)か
事由(理由)が満期か死亡か
そしてその税金は?

生命保険の税金旅のデザイナー®として死に方改革®のために葬儀と終活情報を映像やポッドキャストにて提供中jfuneral.blogspot.com

さて、葬儀保険はどうなのか?ってことですよね。
これはまた別なときにでも

2019年1月1日から始まった相続の法改正

3月30日のポッドキャストです

実は3月29日だけ放送が出来ませんでした。
データが手元になかった(だったら再度収録しろよ!って)
いや、そういうレベルではなかったことだけ言い訳をしておきます(笑)

私がこの音声ポッドキャストを画像つきでYouTubeにアップし、まとめているサイトが「ゆいごん.みんな」というサイトで、今の時点ではまだ、3月14日までのビデオ投稿しか出来ていないが、幾度もそこで紹介している内容があります。

これが法改正の基本でした:
 1. 配偶者の居住権を保護するための方策について
2. 遺産分割に関する見直し等
3. 遺言制度に関する見直し
4. 遺留分制度に関する見直し
5. 相続の効力等に関する見直し
6. 相続人以外の者の貢献を考慮するための方策
7. その他

2019年1月1日から始まった相続の法改正旅のデザイナー®として死に方改革®のために葬儀と終活情報を映像やポッドキャストにて提供中jfuneral.blogspot.com

今回のお話は1. の配偶者の居住権を保護、相続人い貢献する配慮、そして保管場所です。
だいたい、自筆証書遺言と秘密証書遺言って失くすんです!!!