先月、ワクチン3度目の通知書が届かなかったから市役所に電話をしてみた。
どうやら市外で接種した人のデータを取りまとめている機関の処理が遅れているそうだ。

米国にいる同級生がやっているファンドに投資している。
$3000が3万ドルに化けてくれたら税金払ってお祝いだわ。
ちなみに、米国では非課税の投資なので、収益は日本国内だけで支払えばいいだけだ。

彼が、遊びに来いよ!って誘ってきている。
彼の家には遊びに行きたいとは思わない。
実際、彼の前の奥さんとは仲がいいしな(笑)
今、米国に入国するにもCDC通達では3度接種しないと入れない。
そろそろ4度目になりそうだ。
厄介だな・・・3度目すらあまり打ちたいとは思わないのに(笑)

その投資の支払いをWiseでやっている。
ここを通すのに、2つの身分証明書、運転免許証(パスポートなど)&マイナカード(または通知書)が必要。
日本の銀行と紐付けするからだ。

それはやっと出来たのだが、投資先の口座名とファンドが指定している口座に差異があり(数字は入れてはならない)、どうしても送金できなかった。
でも、これもクリアしてやっと送金出来た。

銀行へ行くと予約を取らねばならないとか、色々な手続きが必要だったからちょっと大変。
昨年10月にはじめたときの最初の振り込みは銀行で送金した。
これが億劫だったので、すごく憂鬱だったけど、Wiseで出来たのですごくありがたかった。
これで次回はタイムリーに送金できる。

更に、別の友人が参加しているネットワークビジネス(ニナファームジャポンのサプリ)の15周年イベントがパシフィコ横浜の大ホールであったので参加してきた。
ここ(大ホール)に訪れたのが、数年ぶりだった。
子供が大学の入学式をここでやったから。
そして、私もここのサプリを飲んでいる。

 


仕事的に言えば、Salesforce.com のCRMを使うことにした。
なかなかよく出来ている。

しかし、一箇所だけ、最悪のところがあった。

試用期間を終了して契約してから発覚。
こういうのがイヤなんだよね。
WeWorkもServCorpも、こういうのがある。
来年は更新しないことにした。

ナニがダメかっていうと、カレンダーなんだよね。

自分は月曜始まりですべてを整えている。
Google Calendarも同様。
しかし、Salesforceのは日本は日曜始まりで決めつけられている。
それが各国のロケールで設定されている。

それなら、他の国へと変更した(時間はUTC+9.0のJSTに設定)。
イギリス仕様にしたら、月曜始まりになった。

しかし、別問題が発覚。

日にちが DD/MM/YYYY になる。
日本だと YYYY/MM/DD でないとまた使いづらい。

調べたら10年以上も前から各国で改善要望とクレームで上がっている。
どうやら、Salesforceは変更する気がないということだ。


Hubspotを無料で試している。
マーケティング・セールス・カスタマーサービス・CRMなどと別れている。
それにより料金が加算されていく。
しかし、バンドルのもあるが、登録件数に限りがある。
なので、オールインワンで使うならSalesforceのほうが安いけど、マーケティングだけなら、セールスだけならHubspotのほうが安い。
しかし、自分は一人ですべてをこなしているからSalesforceのほうがいいかなと思ったが、今、社長の仕事はマーケティングなので、そっちを重視したいと思った。

Hubspotはランディングページを作るところもある。
問題は、融通が効かないデザイン・テンプレートで、有料版にすればある程度変更ができるみたいだが、それでも自分の会社に合わないデザインだなっておもってしまった。

やはりどこのシステムを使っても意味がないってのがSaaSプラットフォームなんだよね。

それならAdobeのBehanceで作ってPortfolioで管理する術もあったなと。
それを自分のドメインに組み込めばいいんだから(できるかどうかは不明)。

それにしてもGWなのに寒い

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。